お問い合わせ

下記に直接ご連絡いただくか右のフォームからお問い合わせください

栃木県矢板市大槻2319-17アトリエ琉游舎

Tel: 0287-53-7848

toi101izuru@outlook.jp

  • Facebook Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

© 2023 by Phil Steer . Proudly created with Wix.com

琉游舎について

July 2, 2019

今回の狂言綺語のテーマは「頭を丸める」です。僧侶とは何者かと言うことについての考察です。

June 18, 2019

今回は「海底に月を撈う」をお届けします。ちょっといいはなしなども。

June 4, 2019

今回は二回連続して「狂言綺語」をお届けします。テーマは「仏性」の続編です。

May 21, 2019

今回の狂言綺語は理性から自由になることについての小稿です。

May 7, 2019

今回は「海底に月を撈う」です。長屋の小言幸兵衛の舌鋒がそこら中に毒をまき散らしているかもしれません。

April 23, 2019

今回の狂言綺語は「無分別」。昨今の様々な分別顔した無分別の振る舞いを憂え、僧侶がお穏やかに「無分別の勧め」を語ります。「時の境界」を渡るとき私達は果たして無分別でいられるでしょうか?

April 19, 2019

『「令和」から浮かび上がる大友旅人のメッセージ』の決定稿が20日発売の「短歌研究」に掲載されます。著者と「短歌研究」から電子媒体掲載の了解を得て転載いたします。前回掲載文より倍のページにパワーアップされ、さらに精緻に学問的立証を加えた決定稿です。すでに海外の万葉研究者の間でも評判となり、英訳と仏訳も決定しています。追記で教授が「年号」と表記する意味も注目ください。多くの人に読んで貰うためにPDFファイルを用意しました。どうぞ転載ください。

April 8, 2019

今回は普段の物わかりのよい僧侶から小言幸兵衛に変身する「海底に月を撈う」です。隔靴掻痒、ごまめの歯ぎしりが最近ひどくなってきたようです。

April 2, 2019

本人が本文がを今手直し中のため、一時掲載を取りやめます。改訂版が出た段階でまた掲載します。しばらくお待ちください。

March 25, 2019

今回の狂言綺語は「如蓮華在水」です。

Please reload

アトリエ琉游舎は老若男女誰もが自由に集える「場」―集いの場 祈りの場 学びの場 稽古の場 語りの場 瞑想の場 酒宴の場―寺小屋であり、公民館であり、ライブラリーであり、アジールであるようなかつての寺が持っていた機能が現代に蘇りました。新しい仏教施設であり未来の寺です。

Popular Posts

コリーナシップが船出しました

October 1, 2018

1/2
Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Connect
  • CIMG0543 (2)
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon